意識の流れを最もポジティブにするにはどうすればいいか?

まず、前提としてわれわれは空間時間的な意識体験を、時間の経過とともに体験する。これを意識の流れと呼ぶ。

自分の生き方にしろ、社会を作る上での理念にしても、最も突き詰めた根拠となるべきはこの「意識の流れ」だ。こういう表現をすることで、一般的に議論の出発点となる最高価値「幸福」よりももっと広いところに目を向けることができる。

われわれの意識の流れは欲望を中心に動く。

そしてその欲望はどういう原理で動くか?

人間は、生まれてから言語の世界に入っていく。一定の刺激を受けると、パターン認識が積み重なり世界内存在となる。そのときに最初の自分の言語的な認識の世界、つまり物語ができる。そのときの物語とは、母親がなんでも満たしてくれる全知全能である。どんな人間も基本的にこの全知全能の物語が最初になる。

その後、さまざまな共同体の成員となり、いろいろな物語を他者からの理解をかぶされ、上書きされていく。しかし、やはり根本は全知全能なのであらゆる問題がすぐに解決されることを望む。

今後もし、AIなど技術の進歩により人間が働く必要がなくなり、自分の好きな情報だけ見て生きられるようになれば、欲望はどんどん消えていくだろう。

いろいろな背景の異なる人間と会うことで、これまでの物語との整合が必要になり、また乱れていく。

多様性はなくなり一つの価値観にまとまるのか?

そうはならないだろう。生物的には、多様性が保たれていた方が外部環境の変化に強いからだ。

では、どうすればいいかというと、意味の溢れる意識状態を作ればいい。

これについては以前もかいた。