人により何に対して納得がいくかは違う。

その人は生まれてきてから、周囲の人々や土地の影響を受けて価値観や世界観を編み上げてきた。その過程全てと、その結果としての今の状態を「過去」と呼ぼう。

その人を説得したければ、その人の「過去」に想像を働かせ、「過去」にある程度の想定を持ち、説得する方法を考える必要がある。何をどのくらいどのように説明すれば納得してくれるのか。

また、さらに、その人が今後接するであろうあらゆる情報についても想像を働かせる必要がある。

こちらの主張がその人の「過去」と以後の経験と調和するような内容でなければならない。